NTT DATA

NTTデータのEV充電インフラサービス GaiaLinX®(ガイアリンクス) NTTデータのEV充電インフラサービス GaiaLinX®(ガイアリンクス)

個人情報について

2019-06-02
カテゴリトップ>アコースティック楽器>アコースティックギター>アコースティックギターブランド別(Y-Z-その他)>YAMAHA>L SERIES
YAMAHA LL16D ARE
YAMAHA ACOUSTIC GUITAR ”NEW” L SERIES

昔ながらの技工と構造を持つ「Lシリーズ」は、現代のギタリストの要求を満たし、且つ超えるギターを生み出すために、ヤマハのアコースティック楽器設計が長年培ってきた伝統をもとに制作されています。トラディショナルなスタイルと精巧な貝のインレイを特長とし、バランスのとれた音質、高い演奏性、幅広いダイナミックスレンジを実現しました。ステージ演奏では、高品質のピックアップが演奏の細部に至るニュアンスをとらえ、想像力を掻き立てます。

A.R.E. (Acoustic Resonance Enhancement)
A.R.E. [Acoustic Resonance Enhancement]とは、ヤマハが独自に研究・開発した木材改質技術です。ギターのボディ材にこの技術を施すことで、長年弾き込まれたような豊かな鳴りを実現します。薬品類を一切使わず、温度、湿度、気圧を高精度に制御することにより、製材後長期間を経た木材の経年変化と同様の変化を短期間で生みだすことによって音の伝達と振動効率を上げ、中低音成分の伸びの促進と高音成分の立ち上がりの増大や減衰の高速化を実現します。このため、バランスが良く耳障りな倍音成分の少ない、熟成された温かみのあるサウンドが得られます。

◆ YAMAHA LL16D ARE
LL16AREをベースモデルに、ボディ、サウンドホールにアバロンインレイを施し、ポジションマークにはダイヤモンドデザインのインレイを採用。上位グレード『L36シリーズ』を彷彿とさせる豪華な外観と高音質を実現。

・オリジナルジャンボボディ仕様
・表板はA.R.E.を施したイングルマンスプルース単板を採用
・裏側板はローズウッド単板を採用
・高い演奏性を実現する新ネック形状
・5層構造ネック搭載
・アバロンインレイバインディング
・パッシブタイプピックアップ搭載
ピックアップ&コントロール: パッシブタイプピックアップ
胴型: オリジナルジャンボボディタイプ
胴厚: 100mm〜125mm
表板: イングルマンスプルース単板(A.R.E.)
裏板: ローズウッド単板
側板: ローズウッド単板
棹: マホガニー+ローズウッド5プライ
指板: エボニー
下駒: エボニー
弦長: 650mm
指板幅(上駒部/胴接合部): 44mm/55mm
糸巻: ゴールドペグ(TM29G)
塗装: ウレタン塗装・グロス仕上げ
ライトケース付属
◆カラー:
・ナチュラル(NT)
・ブラック(BL)

トップ ⇒ 現在地


YAMAHA
≪ヤマハ≫
LL16D ARE

エレクトリック・アコースティックギター

【エレクトリック・アコースティックギター】

home > 個人情報について

NTT DATA

Copyright © 2017 NTT DATA CORPORATION.